ストレスでお悩みの方へ

ストレスによくある症状

  • イライラ
    したり
    落ち込みやすい

  • 原因不明の
    頭痛や肩こりに
    悩んでいる

  • 最近食欲が
    なくお腹の
    調子が悪い

  • お酒を飲む
    ことが増えた

その不調、ストレスが原因かも!?

現代は、能力主義やグローバル化がすすみ、
変化やプレッシャーの多い時代です。

 

ストレスは心身に影響を及ぼし、さまざまな病気の原因となることがあります。


ご自身のストレス度やストレス解消法を知って快適な毎日を手に入れましょう。

ストレス
軽減メニュー Recommend Menu

ストレスは万病のもと!ストレスの原因やリスクとは?

今やストレスという言葉は一般的になり、耳にする機会も多いのではないでしょうか。
まずは、ストレスとはどのような状態なのかについて詳しくみていきます。


【ストレスとは】

 

ストレスはもともと物理学の用語として使用され、「ある物体が外的な圧力を受け、ゆがんでしまう状態」を意味します。
このとき、外的圧力「ストレッサー」と言い、ゆがんだ状態「ストレス反応」と言います。


例えば人間社会であれば、ある人が仕事での激務(ストレッサー)により、イライラしたり怒りっぽく(ストレス反応)なったりします。

 

【ストレッサーの種類】


私たちの身体にストレス反応をもたらすストレッサーは3種類あります。


◆物理的ストレッサー

気温(暑い、寒い)や気候(湿度、気圧)、騒音などの物理的環境を指します。


◆化学的ストレッサー

化学製品や化学物質による公害、過剰摂取、中毒などを指します。


◆心理・社会的ストレッサー

家庭環境、職場や学校での人間関係などを指します。

 

【ストレス反応】

 

ストレッサーが作用するストレス反応は3種類あり、さまざまな症状を引き起こします。


◆精神

気力感、気分の落ち込み、イライラ・不安などの症状が出ます。


◆肉体

頭痛、肩こり、腰痛などの全身に痛みが起きたり、目の疲れや動悸・息切れ、よく眠れないといった症状あります。
また、消化機能が低下し、胃痛、便秘、下痢、食欲がおきないなど内臓にも障害が出てきます。

 

◆行動

怒りっぽくなる、飲酒や喫煙の増加、集中力が低下し職場や学校でのミスが多くなります。
また失敗や事故の未遂を起こしやすくなります。

 

【年齢別のストレス要因】

 

ストレス反応はどの年代にも起こり得るものです。
年齢別にストレスの原因を簡単にみていきましょう。

 

◆10代

10代は家庭環境の影響を受けやすく、親子関係や家族構成などからストレスを受けやすい時期です。
また思春期にはいると感受性が強くなり、家族という世界から学校という社会のルールに触れ、自分の世界を広げていく過程でさまざまなストレスを受ける可能性があります。


◆20~30代

一般的に20代から社会に出て仕事を始めることが多く、学校とは違った規則・人間関係・仕事などを経験していく過程で新しい環境に適応するまでに多くのストレスを受けるリスクがあります。


◆40代

この年代になると、職場でのポジションが安定し、顕著な環境の変化が少なくなる反面、周りからのプレッシャーや期待がストレスの原因になることがあります。


◆50代

50代では職場だけでなく、家庭の問題や健康問題、さらに親の介護などに向きあう機会が増え、ストレス反応を引き起こす可能性があります。

ストレスの対処を知って、心身ともに健康な身体を手に入れましょう!

【ストレッサー別対処法】

 

ストレスによって引き起こされた症状だけ対処しても根本的な解決にはなりません。
ストレスの原因となる自分のストレッサーにアプローチしていきましょう。
ここではストレッサー別の対処法をご紹介します。


◆物理的ストレッサー

物理的環境によってストレスが引き起こされるため、気候に合わせた服装をしたり、家の中も快適に過ごせるように一工夫してみるのもおすすめです。

 


◆化学的ストレッサー

化学調味料などを多く含む食品はストレスを助長します。
忙しさで自炊がなかなかできない方も多いと思いますが、週に何回かは手作りの料理を食べるといったことから食生活を見直してみましょう。

 

◆心理・社会的ストレッサー

職場学校、家庭での人間関係において、ちょっとしたことでも自分だけで抱え込まず、悩みや不安を誰かにに相談してみることもストレス軽減の効果が期待できます。

 

【ストレス解消法】

 

小さなことから始められるストレス解消法をご紹介します。


◆運動

ストレスによって過剰に分泌された交感神経系ホルモンが全身を動かすスポーツなどの筋肉活動によって消費され、ストレス解消に効果が期待できます。


◆気分転換

旅行、遠出、部屋の内装を変えるといった普段行わないような環境に身を置いて、気分をリフレッシュするのがおすすめです。

 

◆休息

普段仕事などで忙しくしている方は、家でまったり過ごしたり、マッサージや入浴でリラックスするのがおすすめです。

 

【ツボでストレス解消!】

 

ストレス解消に効果的なツボを3つご紹介します。


◆梁門(りょうもん)

みぞおちとおへその中間から指3本分外側にあるツボです。
ここをやさしくもみほぐしてあげると胃腸の不調改善につながります。


◆百会(ひゃくえ)

頭のてっぺんにあるツボで、ここをゆっくり10回ほど押すと気分が落ち着き、イライラが治まる効果が期待できます。


◆労宮(ろうきゅう)

このツボは手のひらの真ん中のくぼみにあり、親指で強く20回ほど押しましょう。
ストレスで気分が沈んでいたり、疲れている方におすすめです。

ボディケアYAT’s【ストレス】へのアプローチ方法

人間の身体には内部環境を一定に保つホメオスタシスという機能が備わっています。

例えば気温が下がり『寒い』と感じると鳥肌が立ち筋肉を震わせます。
これは筋肉を使って熱を発生させ体温を上げようとする無意識の反応です。
この時の寒いという反応は身体にとってストレスになり身体を震わせることはストレスへの抵抗反応になります。

小さなストレスは活力となりますが、大きなストレスを長時間感じ続けると慢性的な疲労状態になり、さまざまな不調が現れます。

当店では自律神経のバランスを整えるためにリラクゼーション効のあるリフレクソロジー岩盤エクササイズにて体内のエネルギー活動を高めることと温熱により代謝を高め老廃物を流すことで整えることもできます。

さまざまな要因がストレスの原因となるので些細なことでも気になることがありましたら一度ご相談ください。

著者 Writer

著者画像
店長:藤村 祐也
(フジムラ ユウヤ)
生年月日:10月23日
血液型:B型
趣味:スポーツ観戦

担当施術:もみほぐし、姿勢ストレッチ
 
   

当院おすすめメニュー Recommend Menu

当院のご紹介 About us

院名:ボディケアYAT's
住所〒136-0072 東京都江東区大島6-9-15 吉原ビル1階
最寄:大島駅A4出口徒歩1分
駐車場:なし
                                 
受付時間
【平日】
12:00〜 23:00
(最終受付22:00)
- -
【土日祝】
9:00〜 18:00
(最終受付18:00)
- - - -
定休日:水曜日

【公式】ボディケアYAT's 公式SNSアカウント ボディケアYAT'sではLINE・Instagram・Facebook・Twitterを運用中!

【公式】ボディケアYAT's 公式SNSアカウント ボディケアYAT'sではLINE・Instagram・Facebook・Twitterを運用中!

【公式】ボディケアYAT's
公式SNSフォローお願いします!

  • 新しい施術のご案内をしています!
  • 受付時間変更などのご案内をしています!
  • LINE[公式]でもご予約可能です!