不眠症でお悩みの方へ

不眠症によくある症状

  • 朝起きると
    疲れが
    残っている

  • 身体は
    疲れているのに
    なかなか
    眠れない

  • 夜中に何度も
    起きてしまう

  • 日中になると
    眠気が
    襲ってくる

実は多い不眠症、軽視すると大きな障害に!

不眠症で悩んでいませんか?
現在、日本人の5人に1人が不眠症に陥っているといわれ、
特に夜中何度も起きてしまうという症状が多い傾向があります。


ストレスとも関係の深い不眠症は、軽視されてしまうことも多く、
放っておくとさまざまな不調や疾患の原因に繋がります。


不眠症のメカニズムや解消法を知って、生活リズムを整え早期改善しましょう。

不眠症
改善メニュー Recommend Menu

不眠症のメカニズムとリスクとは?

【不眠症のメカニズムと原因】


人間の身体は、本来の日が昇っている間に活動をして、日が暮れたら活動をやめるといった生活のリズムに従って動き、起きている状態はオレキシンという物質や、脳全体にはGABA(ガンマアミノ酪酸)が分泌され、メラトニンという物質が体内時計を調整する働きをしています。


しかし現代では、日が暮れて夜になっても仕事をしていたり、外食や飲み会などで活動を続けている方が多くなっています。


そういった生活習慣の変化によって「睡眠」「覚醒」のバランス、そして神経伝達物質の分泌サイクルが崩れ、「覚醒」の方が上回ってしまうと、寝る時間になっても眠れなったり、熟睡できないといった睡眠障害を引き起こします。

 

【不眠症の原因】

 

不眠症は「睡眠」と「覚醒」のバランスが崩れることによって生じますが、そのバランスや生活リズムを崩してしまう原因とは何なのでしょうか。

◆アルコールを頻繁に摂取する
◆薬の服用
◆ストレス
◆多忙
◆夜更かし、昼間で寝ている
◆精神疾患(うつ病など)
◆精神状態(不安、緊張)
◆呼吸器疾患(睡眠時無呼吸症候群など)
◆脳神経疾患
◆生活習慣病

 

【不眠症の種類】

 

不眠症になると、大きく分けて4つの睡眠障害が引き起こされます。

 

◆入眠困難

布団に入っても寝るまでに30~1時間以上かかり、なかなか寝付けないという症状です。

 

◆中途覚醒

中高年の方に多く、夜中に何度も目が覚めたり、一度起きてしまうとそのあと寝付けないといった症状です。

 

◆熟睡困難

ぐっすり眠ったのに、朝起きてもだるさや疲れが残っている、眠った気がしないといった症状です。

 

◆早期覚醒

高齢の方に多く、起きる時間より2時間以上早く目が覚めてしまう症状です。

 

【不眠症の症状やリスク】

 

不眠症が続くと、身体の疲労感だけでなく原因の一つである生活習慣病などの疾患にかかるリスクが上がります。
特にうつ病に関しては、将来かかるリスクが約2倍も上がるといわれています。


◆日中の眠気、だるさ
◆集中できない
◆うつ病
◆生活習慣病
高血圧(約2~3倍上昇)
糖尿病(約2倍上昇)

◆その他内臓疾患

あなたの睡眠は何点?不眠症を早期改善しましょう

【不眠症度チェック】

 

WHO(世界保健機関)が作成した世界共通の不眠症判定法をご紹介します。
過去1ヵ月以内に、少なくとも週3回以上当てはまったものを選んでみましょう。

 

①寝付くまでの様子についてお聞きします。

a 通常通りに寝付けた
bいつもより少し時間がかかった
cいつもよりかなり時間がかかった
dかなり時間がかかった、または眠れなかった

②夜中に目が覚めてしまうことについてお聞きします.

a特に問題なし
b少し困った
cかなり困った
d非常に困った

③通常の起床時間より前に目覚めて、それ以上眠れなかったことがありましたか?

a全くなかった
b少し早く起きることがあった
cかなり早く起きることがあった
d全く眠れなった

④睡眠時間の満足度についてお聞きします。

a満足している
b大体満足している
cあまり満足していない
d全く満足できなかった

⑤睡眠の質についてお聞きします。

a満足している
b大体満足している
cあまり満足していない
d全く満足できなかった

⑥日中の状態についてお聞きします。

a通常通りだった
b少し身体が辛かった
cかなり身体が辛かった
d身体が非常につらかった

⑦日中の眠気についてお聞きします。

a通常通りだった
b少し眠かった
cかなり眠かった
d非常に激しく眠気が収まらなかった

⑧身体活動や精神状態についてお聞きします。

a通常通りだった
b少し下がった
cかなり下がった
d非常に低下し深刻な状況であった

それでは自己採点してみましょう!
a0点、b1点、c2点、d3点で点数が高いほど不眠症の疑いがあります。

 

【不眠症の改善方法】

 

あなたの不眠症度は何点でしたか?不眠症の方も、疑いがある方も、快眠法を知って早期改善を目指しましょう。
一日の流れに沿ってご紹介していきます。

◆朝は同じ時間に起きる
◆朝日を浴びて体内時計を整える
◆昼寝の時間は15~20分以内にとどめる
◆夕食後に軽い運動をする(寝る前の激しい運動は避ける)
◆寝る前の4~5時間はアルコール、カフェイン、高カロリーの食事は避ける
◆就寝前はぬるめのお風呂に浸かる
◆寝る前はタバコを控える
◆無理して寝ようとせずに眠くなったら寝る

ボディケアYAT’s【不眠症】アプローチ方法

不眠症とは、寝つきが悪い途中で寝てしまう眠りが浅く寝た感じがしないなどの症状が続き、日中の眠気、集中力の欠如、疲れや体調不良が起こる状態を指します。

不眠症の原因はさまざまで、心理的ストレス身体的ストレス薬学的原因環境的な原因などがあげられます。

当店で行う施術は、まず根本的な構造(姿勢、身体のゆがみ)を正していきます。

そこで姿勢分析機を使いゆがみやねじれ、筋肉のバランスを測定しアプローチすることで適切なポイントにもみほぐしやストレッチを行い身体のバランスを整えていきます。
姿勢が整うと自律神経の働きが正常になり、不眠症改善の一歩となります。

もみほぐしストレッチ以外にもリラックス効果のあるリフレクソロジーを行うことで内部環境や自律神経が整い良質な睡眠が得ることができます。

日々感じているストレスや些細なことでも構いませんので気軽にご相談ください。

著者 Writer

著者画像
店長:藤村 祐也
(フジムラ ユウヤ)
生年月日:10月23日
血液型:B型
趣味:スポーツ観戦

担当施術:もみほぐし、姿勢ストレッチ
 
   

当院おすすめメニュー Recommend Menu

当院のご紹介 About us

院名:ボディケアYAT's
住所〒136-0072 東京都江東区大島6-9-15 吉原ビル1階
最寄:大島駅A4出口徒歩1分
駐車場:なし
                                 
受付時間
【平日】
12:00〜 23:00
(最終受付22:00)
- -
【土日祝】
9:00〜 18:00
(最終受付18:00)
- - - -
定休日:水曜日

【公式】ボディケアYAT's 公式SNSアカウント ボディケアYAT'sではLINE・Instagram・Facebook・Twitterを運用中!

【公式】ボディケアYAT's 公式SNSアカウント ボディケアYAT'sではLINE・Instagram・Facebook・Twitterを運用中!

【公式】ボディケアYAT's
公式SNSフォローお願いします!

  • 新しい施術のご案内をしています!
  • 受付時間変更などのご案内をしています!
  • LINE[公式]でもご予約可能です!