毎日の食事で紫外線から肌を守る!

/

管理栄養士からのコラム

こんにちは、管理栄養士の矢村千紘です。

だんだんと暖かくなり、日差しも強くなってきましたが紫外線対策はできていますか?

5月〜9月頃まで紫外線が多い日が続きます。日焼け止めと併せて意識したいのが、毎日の食事。美肌を維持する栄養素を取り入れて体の中からも対策していきましょう。

 

  • 紫外線も悪者ではない?

悪者にされがちな紫外線ですが、カルシウムの代謝調整をするビタミンDは、紫外線を浴びると皮膚で合成されるため、適度な日光浴は大切です。

また、日光消毒と言われるほど殺菌力は高く、晴れた日に布団を干したり、医療や給食現場でも殺菌用に紫外線ランプが採用されています。

しかし、紫外線を過度に浴びると、日焼けや免疫機能低下といった急性症状だけではなく、長年の蓄積により白内障や皮膚への障害につながります。美と健康の意識の高い人にとっては、シミやシワになるため、美容上の観点からは対策をしていきたいところです。

 

  • カロテノイドで体の中からシワ・タルミ対策

紫外線を浴びると、皮膚の表皮より深いところにある真皮への酸化ストレスが引き金となり、シワやタルミになっていきます。日焼け止めを使うことに加えて、この酸化ストレスを抑える「抗酸化物質」を食べ物から取ることも効果的です。

食物の黄色や赤色の色素成分である「カロテノイド類」は強力な抗酸化力があり、人の皮膚に蓄積しやすく、真皮での抗酸化に有効であることから、皮膚の光老化を抑える代表的な食品抗酸化物質なのです。

 

代表的なカロテノイドには以下のものがあります。

◾︎βカロテン

→人参、みかん、かぼちゃ、卵黄、パパイヤ

 

◾︎リコピン

→トマト、スイカ、あんず、ピンクグレープフルーツ

 

◾︎アスタキサンチン

→えび、かに、さけ、ます、おきあみ

 

カロテノイドがその効果を発揮するには一定期間以上摂取することが必要になるため、日差しがピークを迎える前の今から、毎日の食事に取り入れていきましょう。例えば、リコピン16mgを毎日摂取すると赤くなる日焼けが抑制されることが分かっており、このリコピン量はトマトにすると約2個分です。毎日同じ食材ばかりを取るのは現実的ではありませんので、多彩な食材を使いましょう。そうするとビタミンE、ビタミンC、ポリフェノールなどの抗酸化物質もバランスよく摂取でき、皮膚の抗酸化能をさらに高めることにもなります。

彩り豊かな野菜や果物、いつもは使わないような食材を少しずつ毎日の食事に取り入れて、紫外線から肌を守り、美肌を維持していきましょう。

 

 

参考文献:

気象庁ホームページ「紫外線のデータ集」(2021.4.20閲覧)

環境省「紫外線による健康影響」https://www.env.go.jp/chemi/uv/uv_pdf/02.pdf

美容皮膚医学BEAUTY#16(2020.3.15)

「臨床栄養ディクショナリー」MCメディカ出版(2018)

当院のご紹介 About us

院名:ボディケアYAT's
住所〒136-0072 東京都江東区大島6-9-15 吉原ビル1階
最寄:大島駅A4出口徒歩1分
駐車場:なし
                                 
受付時間
【平日】
12:00〜 21:00
(最終受付21:00)
- -
【土日祝】
9:00〜 18:00
(最終受付18:00)
- - - - -
定休日:月末の水曜日

【公式】ボディケアYAT's 公式SNSアカウント ボディケアYAT'sではLINE・Instagram・Facebook・Twitterを運用中!

【公式】ボディケアYAT's 公式SNSアカウント ボディケアYAT'sではLINE・Instagram・Facebook・Twitterを運用中!

【公式】ボディケアYAT's
公式SNSフォローお願いします!

  • 新しい施術のご案内をしています!
  • 受付時間変更などのご案内をしています!
  • LINE[公式]でもご予約可能です!